実は重要!朝の洗顔はお肌との会話が大切

本格的な洗顔は夜だけ・・という方が増えています。これは洗顔のし過ぎは良くないという話が拡散して習慣化されたものだと思いますが、朝の洗顔は意外に重要なものなのです。寝ている間も人間は新陳代謝しますので、お肌は汚れます。

また、寝ている間は意外に汗をかくので、当然顔も汚れていることが多いのです。ただし、汚れ具合は人それぞれ、同じ人でも日によって異なります。ですから毎朝の洗顔は自分の肌の汚れ具合によって調整してみましょう。例えば季節の変わり目などでお肌がべたつくときは洗顔料を使うなどの対策で良いと思います。

なにげに疑問に思いがちなのが、朝の洗顔の必要です。夜の洗顔が必要なのはわかります。でも、夜、洗顔して、あとは寝て起きるだけなのに、また洗う必要はあるの? 汚れているの? と疑問に思うかもしれません。

洗うにしても、きちんと洗顔料を使って洗うのか、子供の頃からやっているように、水やお湯を使って、眠気覚ましにパシャパシャ洗う程度でいいのか。気になりますね。

実感として、最近は、朝は洗顔料を使わず水やぬるま湯だけで洗う、という方が増えている印象。やっぱり、夜寝て起きただけなので、改めて洗顔料を使う必要はないだろう、と思うみたいです。でも、寝ている間も、実は汚れています。

寝ている間に人間は、コップ1杯分の汗をかくといわれています。その汗、皮脂が混ざり合うと、皮脂膜となって肌を覆います。皮脂膜はバリア機能となって、お肌を守ってくれます。取りすぎるとお肌のためになりませんが、古い皮脂汚れを残すのも、やっぱりいけません。

ちなみに皮脂は、トリグリセライド、ワックスエステル、スクアランなどの成分からできています。このうち、トリグリセライドの一部は、皮膚の表面にいる常在菌により、分解されます。ワックスエステルの一部と一緒に、さまざまな肌トラブルのもとになる、変性皮脂となります。

変性皮脂ができると、肌のバリア機能やうるおいが低下します。毛穴も開くし、きめも乱れてしまいます。人は生きていれば、寝ている間も皮脂や分泌、分解されます。そして絶え間なく、変性皮脂が生成されています。

だから、朝起きたときには、そういう変性皮脂ができてしまっています。それを洗い流す必要があるのです。皮脂というのは油です。油性のメイクが水やぬるま湯だけで落ちないように、変性皮脂も、水やぬるま湯だけの洗顔では落とすことができません。

とくに気になるのは鼻やあご、こめかみなどです。皮脂の分泌がとくに盛んなので、朝でもやっぱり、洗顔料で洗顔をしておいたほうがいいのです。しかし一方で、目元や頬など、皮脂の分泌が少ないところも、同じように洗顔料を使ってしまうと、乾燥しやすくなってしまいます。

このバランスのとり方がむずかしいですね。乾燥肌タイプの人、皮脂分泌が少ない人なら、洗顔料は使わず、水やぬるま湯だけで洗うのもいいかもしれません。オイリー肌の方なら、全体的にしっかり洗顔料で皮脂を落としたほうがいいでしょう。

自分の肌に合わせて、洗顔方法を使い分けるようにするといいですね。朝、起きたら自分のお肌を触ってみましょう。べたべたしているようなら、洗顔料を使う。べたべたしていないようなら、ぬるま湯で洗う。

そういう、その日のコンディションに合わせた使い分けをしてみましょう。

ちなみにですが、私は毎朝の洗顔は比較的軽めにやっています。あまり洗顔をしすぎるとお肌が乾燥してお化粧ののりが悪くなってしまいます。それが気にならないようならきちんと洗顔したいところですが、自分の肌とは争えません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.5.16

お肌を傷めないムダ毛の処理方法が凄い!

男性のヒゲもそうですが、女性のムダ毛処理もかなり肌を痛めます。カミソリで処理する場合などは気を付けないと翌朝に傷になっていたりします。ヒリヒ…

ページ上部へ戻る