お肌を傷めないムダ毛の処理方法が凄い!

男性のヒゲもそうですが、女性のムダ毛処理もかなり肌を痛めます。カミソリで処理する場合などは気を付けないと翌朝に傷になっていたりします。ヒリヒリする時などは要注意ですね。

特に私の場合は、その時のお肌の調子によってムダ毛処理後の症状が変わります。お肌の調子を見ながら自分に合ったムダ毛処理を行っていきたいところです。

さて、今日はお肌を傷めにくいムダ毛の処理方法についていくつかご紹介させていただきます。極端に肌の弱い方はムダ毛を処理すること自体が危険と隣り合わせとなりますので、いくつかの方法をお試しください。

冬に比べて、薄着になってくると、そろそろ気になるのがムダ毛処理のこと。ムダ毛の処理は身だしなみの一環ともいえ、やらざるをえないところもありますが、やり方を間違えてしまうと、お肌をいためてしまうので注意です。

お肌を傷つけると、雑菌が入り、肌トラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。お肌にトラブルを起こさず、キレイに脱毛して、つるすべのお肌をキープしたいですね。ムダ毛処理は、自分で処理する方法と、クリニックやエステサロンで処理してもらう、2パターンがあります。それぞれで注意点があります。

★自分でムダ毛処理する場合

おうちで、自分で処理するときは、カミソリ、ワックス、自宅用の脱毛器を使ってやることが多いと思います。そのときに、守っておきたいパターンはこちらです。

・カミソリは使い捨てにする
・剃る前にシャワーで患部を洗っておく
・剃ったら冷やす
・冷やしたら保湿ケア
・傷ができたら傷の薬をつける。炎症を起こしたら病院を受診

・カミソリは使い捨てにする

もったいないような気もしますが、カミソリは使い捨てが理想。お肌に直接、カミソリの刃を当てます。だから熟練した技術が必要なのです。刃でお肌を傷つけると、雑菌が入る可能性があります。

そこで、新品のものなら、ビギナーでも安心して使いやすいです。何度も使ったり、洗ったりしていると、だんだん切れにくくなってしまいます。力を入れすぎて傷をつけてしまうおそれがあるのです。

・剃る前にシャワーで患部を洗っておく

剃るときに、その部分がよごれていると、そこから雑菌が入ってしまいます。剃る前に、患部を石けんで粗ってキレイにしておきましょう。万が一、傷ができてしまったときでも、洗ったキレイな状態なら、炎症が起こりにくくなります。

・剃ったら冷やす

ムダ毛処理すると、どんなに優しくやったとしても、お肌は刺激を受けています。お肌には負担がかかっています。そこで、お肌に炎症を起こさせないため、冷やしておきましょう。毛を抜いたら、そこを保冷剤や氷で冷やします。

・冷やしたら保湿ケア

冷やして赤みが取れたら、次は保湿をします。毛を除去すると、お肌が乾燥してしまいます。いつも使っている化粧水やクリームで保湿をしておきましょう。

・傷ができたら傷の薬をつける。炎症を起こしたら病院を受診

気を付けていても、傷をつけてしまうことはあります。カミソリの刃で切ってしまったり、ワックスで毛を抜いて、赤くなってしまったり。そういうときは、まず洗って、そのあとに傷薬を塗るようにしましょう。

塗っても赤みがある、かゆみがある、というときは、皮膚炎を起こしている可能性があります。早めに病院を受診し、薬を処方してもらいましょう。何気なくやっているムダ毛処理ですが、知らず知らずのうちにお肌を傷つけています。

美肌を目指すなら、ムダ毛処理のときこそ、しっかりケアしたいですね。

ムダ毛処理をするといつもよりお肌の水分が失われやすいということは絶対に覚えておきたい必須事項です。意外とやっていない人が多いのが「冷やす」作業ですね。例えばシェービングでも肌には摩擦が発生します。炎症を抑える効果もありますので、タオルを冷たい水で濡らして、冷蔵庫に入れておけばお風呂に入っている時間でも結構効果があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.5.18

酵素には毛穴の詰まりを防ぐ驚きの効果があった

よく見かける毛穴の詰まった人、不潔に見えますよね。毛穴の詰まりの厄介なところは自覚症状がないことです。毎日しっかり洗顔していても予防できない…

ページ上部へ戻る