え?他人のせい?それストレスになりますよ

あなたは人のせいでストレスがたまることがありませんか?もしあるとしたら実はそれはあなたの自己中心的な考え方が原因かもしれませんよ。確かに生きていれば、ストレスがたまる人間は存在します。でも行動や発言は人それぞれ、あなたの理解できない他人の行動も、その人にとってはスタンダードです。

基本的な考え方として、自分でできることは自分でやる。そして他人の行動や発言はあまり気にしない。というのがストレスをためない生き方だと思います。ただし、組織の中にあってはそうはいきません。人間は社会を作って生活していますから、そういったものをうまく利用できるようにならなければいけません。

気づけば、「あの人は○○してくれない」と思ったりしていませんか?仕事が忙しい彼氏に「どこにも連れて行ってくれない」とグチをいってみたり、仕事が上手くいかなくて「誰も私のことを評価してくれない」とグチってみたり。

身近に友達がいないと「誰も遊びに誘ってくれない」と言ってみたり。こういう風にグチる現代人は、増えているようです。こういう風に思う多くの人は、自分の期待に、パートナーや親友など「親密な相手」がこたえてくれないと、不満を持ちます。

親密な相手だからこそ、「〇〇してほしい」という期待を抱いてしまいます。そしてそれがかなえられないと「〇〇してくれない」と不満を持つ。この不満は放っておくと、怒りや恨みといった、強い負のエネルギーになってしまいかねません。

いくらこっちが、「〇〇してほしい」と思ったとしても、相手には相手の都合があります。当たり前ですけどね。必ずしも、自分の期待通りのことをしてくれるとは限りません。自分のことを振り返ってみてもそうですね。

忙しくて遊びにもいけない、休むこともできない、人とおしゃべりすることもできない。そしてあなたがそれをするのを待っている人がいれば、「〇〇してくれない」と思われても仕方がないのです。そういうものです。

それを、「してくれない!」と文句を言っても、重いと受け取られるだけです。だからと言って、そういうグチをひとりで呟いても、救われることはありませんよね。どんどん気分が暗くなっていくだけです。

そもそも「〇〇してくれない」と思う気持ちをひも解いてみると、依存心が強いから、ということが言えそうです。相手が何かをしてくれるのを待つ前に、自分から提案してみるといいかもしれませんよ。デートの時に、彼からの提案を待つだけではなく、自分自身が何をしたいかを考えて、提案するのが、ある意味自立したお付き合いのカタチと言えます。

「いい季節だから、ピクニックに行ってみない?」など、自分も提案すれば、彼氏もお付き合いをラクに考えられるはずです。恋人との関係だけではなく、仕事でも、友達関係でも、柔軟な考えで選択肢を持つことはいいことです。

あるいは、「〇〇してくれない」と思うのは、自分が充実していないフラストレーションから来るのかもしれません。自分のやりたいことがわからない、仕事が上手くいかない、自分の力に限界を感じている、などなど。

自分への欲求不満を持っていると、イライラするものです。それが無意識のうちに「〇〇さんが〇〇してくれないからだ」と、身近にいる誰かのせいにしてしまうのです。こうやって誰かのせいにしておけば、自分で問題に直面して、傷つくのを避けられます。これを「防護規制」と言います。

でも、それを責められた相手はきっと「?」になってしまうでしょう。いちゃもんをつけられているようなものです。こういうことをしていても、他人といい関係は築けないし、自分の心も軽くなりませんから、まず、自分自身と向き合うことから始めてみるといいかもしれませんよ。

私はストレスを感じたときに、必ず他人との不公平について、嘆いたり妬んだりすることをやめるのです。スタートラインが違うことを恨んでも、自分にとって何の得にもならないからです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.5.16

お肌を傷めないムダ毛の処理方法が凄い!

男性のヒゲもそうですが、女性のムダ毛処理もかなり肌を痛めます。カミソリで処理する場合などは気を付けないと翌朝に傷になっていたりします。ヒリヒ…

ページ上部へ戻る